もともとは糖尿病の薬として開発されたグルコバイ

6c2c499f7a057e487f48acc2b4f0b135_l糖質吸収阻害薬グルコバイ(アルカボース)とは、本来糖尿病の薬として開発された薬です。
食後の血糖値の上昇を抑制します。
これは、痩せ薬ではないとしながらも、実はもともと痩せ薬というコンセプトのもとで、開発されたともいわれているように、ダイエット 効果もある薬です。

人間は、食事の後に血糖値が上昇して、脂肪を蓄えていきます。
つまり、痩せたければ、血糖値を上げなければいいというわけです。
グリコバイ(アルカボース)は、血糖値を抑える効果があり、食後も血糖値が上がらず、食べたものが脂肪になりにくいのです。
特に、炭水化物は、約60%が排便されてしまうといわれています。

低インスリン・ダイエット(食後に血糖値の上がりにくい食べ物を食べることにより、インスリンの分泌を抑え、自然に痩せる仕組みのダイエット)や炭水化物絶ちダイエットと、同じ効果が得られるわけです。

もう少し詳しくグルコバイ(アルカボース)について、ご紹介します。
グルコバイは、αグルコシダーゼ阻害薬に分類される糖尿病治療薬です。
αグルコシダーゼ阻害薬は、食事の直前に飲む薬で、小腸の上部でのαグルコシダーゼの働きを抑えて、デンプンや砂糖の消化を妨げて、果糖やブドウ糖などへの分解をゆるやかにします。
そのために、小腸からのブドウ糖や果糖などの吸収が遅れるので、血糖の上昇が緩やかになります。
これにより、食後に急激な血糖値が上がるのを防ぐことができます。

気になる副作用については、おならが多くなります。
この理由は、吸収されなかった糖類を大腸の細菌が消費し、ガスを生産するためです。
臨床実験では、平均12.8日程度で収まってくるそうです。
腹部の手術既往、腸閉塞の既往症がある場合には、腸にガスがたまり、腸閉塞が起こる可能性があるので、慎重な投与が必要となります。